パーツ集め

カウル用にミラー買いました。


20200126113318944.jpeg



テープで仮固定。位置的には、ここぐらいがよさそうですね



202001261133310f2.jpeg



セパハンにしたらダルダルになったメッシュホース。部品買えば短くすることも


できるみたいですが



20200123162916cfb.jpeg


3号もゆ~っくりパーツ集めしてるんで、UPハンと一緒にそちらで使うことにします。


そしてオクで短いメッシュホースは中古でGETっす。


2020012316292920a.jpeg


ウインカーはカウルに穴開けたくないな~っていうのが今の考えとしてありまして


ハンドル バーエンドに取り付けるコレ~を予定


2020012316300525f.jpeg



ミラーも変更なるのでボルトキャップも購入



2020012316301655d.jpeg



そして、、、、、、スピードメーターのクリアランスでめっちゃ迷ったんだけど


どうしてもメーター位置を下げないとスクリーンに干渉する。ライトステーと一体化すると


今度はハンドルが切れない。トップブリッジから下げて固定したらスピードメーターケーブルが


ライトステーに当たってハンドル切れない。こりゃスピードメーター、デジタル化か~?なんて


考えながら密林彷徨ってたら、中華製のパチモンが安く買える?!んで試験的に~



20200123163027419.jpeg


ユーチューブやブログなど取り付けに関する情報は多く、結構つかえてるみたい


だったので、RZでも使えるといいですね。幸いブラックスクリーン選択で中は


見えないし、使えたらそれはそれでかっこよさそうですし。


スピードメーターはマグネットでデジタル化するか?アナログから変換するやつで


とるか?タコは大丈夫でしょう。ウインカー、ヘッドライト、ニュートラル、必要な


機能はついてるので~ステーから制作ですね。これが使えたらメーターは3号へ~




スポンサーサイト



カウルステー制作 5

アッパーカウルの位置もだいたい決まってきたんで


カウルとスクリーンの所で共締めできるようにやりたいと考える


あった方がいいのか?無くてもいいのか?


振動もあるだろうし、割れても嫌だし、やれるだけやってみよう。



20200123162820084.jpeg



カウルの内側で針金で型をとってみて、それを基に丸棒の溶接頑張ってみました。


相変わらずの素人溶接は多めに見てね(^_^;)



2020012316280886b.jpeg



地獄の位置決め。溶接スキル皆無なのに、車両に付けた状態で仮溶接しないと


いけない。微調整に色んなもんぶっこむ。


バイク自体、燃やしてしまうんじゃないか?!ヒヤヒヤでしたね。



20200123162834761.jpeg



闘牛か?角ができました(笑)



20200123162845d0b.jpeg



外れるなら今!とハンマーで叩きまくり!!!見た目に反して溶接はくっついてるようで


一安心(^_^;)



2020012316290030d.jpeg



なんとか正月休み3日ぐらいつかいカウルの大筋の固定方法が決まりました。


ミラーの位置決め、スクリーンとの共締め部分の直しなど、、まだ終わらない


けど、この形を見てる時間、、、、、、たまらんかった^^



カウルステー制作 4

ヘッドライトの固定方法も変わるので平鉄で作っていきました



20200123162654950.jpeg



2回つくりましたね~思ったより奥行きに余裕がなくて、かといって先っぽ切りなおし


穴開け直しできるぐらいでもなくて(^_^;)


20200123162732b3f.jpeg



写真撮ってない(撮る余裕が無かった)です。位置決め、大変すぎ。


ここがフレーム側に溶接したステーと繋がる所になります。



202001231627052ab.jpeg



仮あわせしながら干渉部分を加工していきます。


どこにも穴が無い。ステーはもちろん無いし、ステー付けようと思ったら


その逃げの部分もない。このカウル、、未使用なんだな~と改めて思う。



2020012316271664b.jpeg



ハンドルとの位置関係、メーターの逃げ、干渉ポイント、いろいろと


考えるところが多すぎ。問題だらけ(^_^;)


メーターも9cm下げてます。


2020012316275347e.jpeg


ここにきて、当時物カウルのスクリーンの高さが立ってる意味を知る。


俺が選んだブラックスクリーン!見た目はバッチリ気に入ってるんだけどね~


それと、ワンオフのステンレスチャンバーが使いたいクリアランス。


このカウルが付いた当時の写真はどれもこれも純正チャンバー仕様。


その分、当時の写真のモノよりはカウル自体、下がってるんだとおもう。


チャンバーの膨張室も純正より大きいのは間違いないし。


分かってたけどここにきて、さらに色々と出てきたぞ~


でもでもでもでも~そんなの関係ねぇ~やるしかない(笑)






カウルステー制作 3

アンダー側がとりあえずひと段落したのでアッパー側の制作へ~


最初はU字ボルトを使ってネック側に締め込んで作ろうかな?って


イメージしてたのですがネック周り見ると、構造上無理ってなり


少し考えて直接、受け用のステーを溶接することにしましたよん^^


202001231625544b4.jpeg



って事でグラインダーに研磨用のディスクを付けてちゃちゃっと地肌出しました~



20200123162609080.jpeg



配線とかむき出しなので養生のつもりでアルミテープで囲みました。


が、これは溶接の火花で秒で溶けました(笑)さすが素人。



20200123162620e76.jpeg



カウルステーの受け用のステーを適当に切って穴あけしました。


からの~溶接



202001231626355d6.jpeg



素人溶接ですがなんとか付きました(^_^;)






カウルステー制作 2

カウルステーのあばら骨君ができたので貴重なカウルに穴あけします。


いろいろ考えた結果、位置決め固定したあとに中からLEDライトで


透かして穴位置を出すのが確実だろうと思い、やってみた。


20200123162506e2d.jpeg



いい感じ!ここに鉛筆でマーキングして穴あけ~



2020012316252345b.jpeg



いいんではないでしょうか~



20200123162437684.jpeg



アンダー側はアルミ板があったのでコレでやってみましたよ~



20200123162453d66.jpeg



バックステップと共締め~


20200123162542573.jpeg



配線バラバラにしててエンジン始動はやってないので振動対策的に


どうなのか?まだ分からないですが、形になるって嬉しいですね^^




プロフィール

mensow01

Author:mensow01
ヤフーブログから引っ越ししてきました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR